吠える主婦の絵日記

育児マンガとどうしようもない独り言。お気軽にコメントください!

シャロ3年0カ月と12日 平和再来

産まれてから一度もパパ見知りをしたことのないパパ大好きなシャロさん。

ママがつわりの間はますますパパの帰りを待ちわびて、帰ってくるとパパのお腹に乗って長い間甘えていました。

私はちょっと離れたところからうらやましく眺めるだけ。

でもつらい日々の中でこの様子を眺めるのが数少ない癒しでした。

 

f:id:BTAD:20180513171734j:plain
f:id:BTAD:20180513171740j:plain
f:id:BTAD:20180513171744j:plain
f:id:BTAD:20180513171730j:plain

そういえば、久しぶりにほっぺたくっつけて寝たな~…なんて思ってたら…

そうか、シャロがほっぺたをくっつけなくなったんじゃなくて、私がつわりで苦しくて、くっつけようとするたびにそっぽを向いてたんだ。

シャロはまたほっぺたをくっつけながら眠れるのを待ってて、頃合いを見図ったんだなあ。

 

つわりの間、シャロさんの試し行動が本当にひどくて参りました。

両手で髪をひっぱる、目をたたく。

f:id:BTAD:20180513172007j:plain

 「もう一緒に寝ないから!」というと意地をはって「いいよ、ママはあっちにいって!」と言ったくせにしばらくたったら…

f:id:BTAD:20180513172105j:plain

ママを探して走り回る音w

f:id:BTAD:20180513172135j:plain

f:id:BTAD:20180513172145j:plain

試し行動は寝る前が最悪。思えば、いつも寝る時はほっぺたをくっつけて甘えながら寝てたのに、それができなくなってストレスが爆発したんでしょうか。

 

なお、こういう風に、ケロっとするのはシャロさんの特徴。

いつもどれだけ叱っても無駄です。叱り方を変えてみたり色々やってみてるんですが…。

この間なんて叱り疲れて突っ伏してたら、「泣かないで」と肩を撫でられてしまいましたw

ちょっと叱りすぎて泣いちゃったな~なんて時に、気分を変えさせようと「ご本でも読もうか?」と声かけたら、

「今泣いてるから!」って言い返されちゃったりとか!

 

なお、最近お姉ちゃんになることをとても意識している様子。「ぼくお姉ちゃんになれるかな?」なんて聞いてくるシャロさんは、「ぼく」になるか「わたし」になるか迷っているところのようで、

この間とうとう

「ぼく、お兄ちゃんになる。男の子になるの。青がいい。青かっこいいもん」と宣言。

しかし、

「男の子になってもいいけれど、男の子はあんまりドレスを着られないよ?着てもいいけど、ちょっとしか着られないよ?」と聞くと、かなり迷った挙句女の子になる決心をしていました。

シャロ10ヶ月と13日 シャロさん、お姉さん準備中

しばらくの間…つわりでダウンで更新できませんでした…。

 

やっとこさ、戻ってきた、っていうか、体調はまだ全然悪いんだけど、
ようやく人間に戻ったっていうか

つわりの間はもうヒトじゃない、ただ苦しむためだけに生まれてきたアメーバのような存在になった感じでもうどうにもこうにもだったのが、

ようやっと人間として人間の生活ができる程度に回復したって感じのところまで来ました。あと数日で16週を迎えます。

 

つわりの最中、私がトイレで吐いていると、シャロさんは居間でうつむいて落ち込んでいたそうですw突っ伏しているとそっと膝に乗ってきたり、とっても不安だっただろうと思います。

今もあんまりかまってあげられないし、イヤイヤに冷静に対処してあげられないし、かわいそうな思いをさせて悲しい…。でも人間大好きな子だから、家に遊び相手ができたらきっと喜ぶと思う。

 

つわりの最中は、胸やけがひどく、口の中がずっと気持ち悪かったので、片時もガムを手放すことができませんでした。

 

お店でガムを買ったときに、シャロに「これなんだぁ?」と聞かれたので、食べたがらないように「これはママの薬よ」と説明していました。

すると、私がトイレで吐いてると、ガムを持ってきてくれるようになりましたw瓶をシャカシャカ鳴らしながら「ママ!おくしゅり!おくしゅり!」と。トイレから出ると、ちゃんとガムを口に入れるまでジーっと見張って、ガムを食べたのを見ると「うん」と満足そうにうなずいていました。

f:id:BTAD:20180414163327j:plain

お薬があることで安心したんでしょうかね、私が吐いてもそんなに怖がらないようになっていきました。

 

兄弟ができることは理解しているらしく、一時期試し行動がひどくて、私の髪の毛をひぱったり叩いたり…大変でしたが、だんだん治ってきています。

シャロ2年10カ月と5日

f:id:BTAD:20180306124142j:plainf:id:BTAD:20180306124149j:plainf:id:BTAD:20180306124152j:plainf:id:BTAD:20180306124156j:plain

今「パパだいしゅきーー!」「パパと寝るの」ですからね。
この先のギャップが大きいかもしれませんw どうなっていくことでしょう。

 

最近試し行動らしきものが多くて困りました。
寝かしつけの時がとくにひどくて、叩いてきたりかみついてきたり。

「そんな痛いことするならママは別の部屋で寝るから」というと、
「うん、シャロはここで寝るからママはあっちに行って」というくせに

しばらくしたら探しに来るw
前本当に別の部屋で寝てたら、
その部屋しばらく使ってなかったのでそこにいるとは思いつかなかったらしく、
家じゅうを「ママどこにいるのーー!痛いことしないからーーーー!」と叫びながら探し回っていました。

部屋から出ていくとごまかしながら
「うん、やっぱり一緒に寝よう」みたいなこと言ってきます。

そのあと気分を変えようとおしゃべりタイムにしました。
好きなものの話をしてたら、
「●●大好き。●●も大好き。あと…」と少しまごついて、「ママも大好きなの」と。

「ママもシャロちゃん大好き」と答えたら
満面の笑顔で飛びついてきました。

愛情を試したり意地はったり照れたり、でも和解しようと努力したり
複雑な感情が発達しつつあるようですw

シャロ2歳8か月と14日 これはワガママ?反抗期?

最近のシャロさんは再びちょっと手がかかるモードに突入。
ちょっと気に入らないことがあるとジャンピング尻もちをついて泣き叫ぶ(家の外でやらない分別があるのがありがたいが、甘えているのがわかってなんとも困りもの)。

 

自分でやりたくない時は親任せだし、やりたいときはちょっと近づいただけで全部投げ出してジャンピング尻もちだし。ちょっとした注意や、「それはやめた方がいいよ」っていう声だけでも感情的になって大泣きするのには困ったものです。

ひとしきり泣いた後はパパかママ(叱らなかった方とか)に甘えに行く。絶対に抱っこして慰めてもらえるから、平気でワガママが言えちゃうのかも。

 

ただ、昔の強情さに比べると…

「10までにこっちに来ないと…わかるね…⁉」ってやつにおびえて言うこときいてくれるようになりました。分別がついたせいでしょうか。前よりは親を怖がって(ちょっとは大事^^;)くれるようになったようです。

 

先日は日が沈んだ後なのにオカリナ(近所のおじちゃんがくれた)を吹こうとするので「上に住んでる●●ちゃんが『うるさくて寝れないよ〜』って言ってるかもよ、やめよう」と声をかけると大泣きして、何度もオカリナを口元にもっていってはやめて葛藤していましたw
その後私の膝の上でひとしきり泣きながら、何度も何度も「ひこうき(オカリナが飛行機の形に見えるらしい)したかったの。『ふーっ』って、したかったの」としゃくりあげて訴えていたのを見て、「頑張ってるんだな」と感心したり、なんてこともありました。
(ずいぶん長いこと泣いてましたが、窓を指さして「あれUFOじゃない?」と言うとUFO探しに夢中になって忘れました。)

 

会話は完全に成り立つようになりましたが、たまに宇宙語に切り替わるのが不思議です。
言い聞かせについては、まだ言葉が通じないことも多々あり、難しいです。

甘えてるだけなのかワガママになりつつあるのか、ただそういう時期なのか、見分けがつかなくて困ったりしていますが、研究と失敗を重ねてw今はナイスな関係(?)だと思っていますw

f:id:BTAD:20180115121430j:plainf:id:BTAD:20180115121433j:plainf:id:BTAD:20180115121436j:plainf:id:BTAD:20180115121440j:plain

相変わらずものすごく甘えん坊のくせに、完全に上目線です。
語尾がほとんど「〜しようか」「〜じゃない?」w人差し指上げて睨みつけながら叱られることも頻繁にありますw

おまけ

雑なおねだりするシャロ。

f:id:BTAD:20180115121838j:plain

動物園に行く前の日は、歯磨きも爪切りも頑張れます。シャロは動物がとっても好きみたい。

シャロ2年7ヶ月と25日 クリスマス!

f:id:BTAD:20171226130241j:plain

クリスマスのちょっと前からなんだかプレッシャーを感じていましたw

f:id:BTAD:20171226130808j:plain

ケーキ、うれしそうだったな。
考えてみたら、ケーキって、大人になってからそんなに特別なモノじゃなくなっちゃってた。お金を出せば買えるし。なんならコンビニにも売ってるし。

でも子どもの時、ケーキって、「The ケーキ!」だったよね。
どのお菓子からも一線を画す特別なもの。

ケーキを目の前にして目を輝かせて笑うシャロの顔を見て
そういえばケーキって特別でうれしくてすごいものだったな〜って思いだしたりしてました。

 

今年のクリスマスはシャロさんがクリスマスモード全開に。
毎晩の絵本はクリスマスの本を読んでほしがるし、口ずさむ曲は「サーンタしゃんととーなかーいファララララ~」「ジングルバー、ジングルバー、いしあーたるー」だったし。

でも楽しいクリスマスは終わり…田中刑事くんのオリンピック出場が決まり…

次は年末と冬季オリンピックに向けてマインド切り替えです。(ツリー片づけなくちゃ)