牙を抜かれた主婦の絵日記

育児マンガとどうしようもない独り言。お気軽にコメントください!

シャロの入園

大雨の中、入園式に行ってきました。

不安だった入園も、先生たちの優しそうで楽しそうな様子と、保育園からの仲良しが1人一緒だということでかき消されたのでしょうか。

今朝は笑顔でバスに乗りました。ちょっとの不安を、期待と勇気でかき消して、と言った感じで。晴天に葉桜が映える日で、私の方が涙しそうです。

バスは私たちの家を通り過ぎて、ちょっと先に停車。私とシャロは、見過ごされてしまったのかと心配になって追いかけました。シャロは叫び声をあげていましたwちゃんとしなきゃ、ちゃんと乗らなきゃと張り切っていたようです。

シャロは、叱られると時々我慢できなくなって吹き出すように、「シャロはがんばってるんだよ。怒られないように、しゅごく、しゅごくがんばってるんだよ。でも子供だからそんなにはできないんだよ」などと言ってきます。

私も夫も、口うるさい方だと思います。期待と、外で傷つかないようにと、思わずあれこれ口出ししてしまって、毎日反省しています。でもいつもついついあれこれ注意してしまって…いつものびのびできずいい子にしようとしているシャロがかわいそうになることがあるのです。

だから、幼稚園は近所のしつけに厳しいという噂のところより、ちょっと遠いけど自由奔放なところに決めました。この決断を今後も「良かった」と思えるとよいな、と思っています。

f:id:BTAD:20190411115520j:plainf:id:BTAD:20190411115507j:plainf:id:BTAD:20190411115510j:plainf:id:BTAD:20190411115514j:plain

春休み、ルイの慣らし保育もあり、久々にシャロと2人きりの時間が楽しめました。
プールに映画に遊園地に公園でお弁当。美容院デビューもしました。
シャロが遊ぶ姿を見つめながら時々、まだとっても小さいということに気づいてハッとすることもありました。まだスパゲッティを「スタベッキー」と呼んでいます。でも成長を続けているんですね。

ルイも、シャロも、大きくなってから時々赤ちゃんに戻ったらいいのに。時々昔に戻って抱きしめられたらいいのにと願う時があります。でも、その時から続く今がいつも一番いい時と思うことも多々あります。

ルイの保育園デビューとシャロの春休み

さて、4月から保育園デビューしたルイ。

初日、先生に微笑みかけられて愛想笑いを返したルイ。
お姉ちゃんを送って何度も来た保育園だもの、慣れたものです。
先生に抱っこされて、ニコニコと嬉しそうに。

変化は私とシャロが帰ろうと後ずさりをし始めた時に起こりました。

次第に「え?え?」みたいな表情に変わり、本当に帰るのがわかると大泣きを始めました。ママの手を振りほどいてルイの手を握りに帰るお姉ちゃんのシャロ。やっぱり波乱の1日目です。

2時間後に迎えに行くと、ルイは泣き疲れて眠っていました。

 

2日目、また先生に微笑みかけられてニコニコ。抱っこされた瞬間思い出したのか泣き出し。
迎えに行った時も泣いていましたが、私が抱っこした瞬間泣き止む。

 

3日目、先生を見た瞬間泣き出す。
4日目、抱っこから下ろしたら泣き出す。座って片手をママの方に伸ばし、その手を何度か口にもっていって、何か訴える様子で泣いていました。でも、迎えに行くとご機嫌そうにおもちゃをくわえて、「別にここにいてもいいんですけど」とでも言いたげな様子でした。

f:id:BTAD:20190411105831j:plainf:id:BTAD:20190405172731j:plainf:id:BTAD:20190405172719j:plain f:id:BTAD:20190405172723j:plain

イラつくパパに「ルイちゃんは赤ちゃんだから優しく言わなきゃダメ」などと注意してくれる優しいお姉ちゃんです。

ルイちゃんが保育園にいって寂しがっていたシャロちゃん。幼稚園が始まるまで10日間の春休みです。

ルイちゃんを送った後はママとカフェに行き、プールに行ったり公園に行ったり。
最高に楽しい春休みを送っていました。

そんなある日、寝る前に「春休み、楽しいね」と話しながら、シャロがウトウト。ネタと思って、ルイを寝かしつけるため子守唄を歌っていたら・・・

突然ガバっと起き上がったシャロ。

「年少さんになったら、年少さんになったら、ママは一緒に幼稚園にいくの?」

「ママはいかないよ。でも●●くんは一緒だよ」

シャロは目を不安そうに泳がせながら、「xxちゃんは?ほかのみんなは?」と聞いてきました。

楽しすぎる春休みが終わる寂しさと一緒に、これまでの仲間たちと一緒に行けないという現実が襲ってきたのでしょうか。その夜は「ひとりは寂しい。ママがいい、ママがいい」とわんわん泣きながら眠りにつきました。

 

ルイの成長

6ヶ月ちょうどの日、ルイ寝返り成功。

 寝返り始めたばかりの赤ちゃんの、動いてたら知らないうちに体が裏返っちゃうみたいなの、かわいい。

もともとこのブログ、動画で撮れないかわいい様子を記録しておきたくて始めたものだけど、最近本当に、思ったほど描けてない。

「抱っこされてる間だけ寝ますけど?」みたいな強情な表情で、下ろされる気配に警戒しながら眠ってる姿とか。

おっぱい待ちわびて目に涙いっぱいためてしゃくりあげながら飲むのとか、手を当てて大きなお餅食べるみたいな感じになってるのとか。

何かを訴えたくて足をピコピコさせるのとか。

 

2人目の成長はあまりにも早く感じて、焦ってしまいます。

 

f:id:BTAD:20190328153914j:plainf:id:BTAD:20190328153622j:plainf:id:BTAD:20190328153625j:plain
f:id:BTAD:20190328153618j:plainf:id:BTAD:20190328153535j:plain

舌の歯2本が見えてきて、かゆいらしく、舌を出してよく「ぶーぶー」とやっています。

また、やっと離乳食を開始しました。最初の一口はちょっとパニックになってたけれど、何口か食べてみてから、おいしいということを認識して目を輝かせていました。現在おかゆとサツマイモのみ。

 

さてシャロ。こっちもこっちでかわいいですw

「てーのひらをーたいようにーしゅかしてみーれーばー
まーっかにかがーやくーぼくのじーじーんーー

 

みんなみんな、しゅかしているんだともらちなんらーー」

 

わがやに響き渡るおかしな歌詞の歌。いつまで舌足らずかなあ。

 

 

シャロを叱ると、

「怒んないで、シャロはまだちっちゃいちっちゃいころも(子ども)だから、そんなにはできない」
「シャロはおんなのこだから、優しく優しく言ってくれないとわかんない」

とか言われます。

さらに、しばらく時間が経ってから「ねえ、よかったらしょろしょろ、仲直りでもしない?」なんて言われちゃって、

まあ、なんで怒られてるのかまったく理解できてないんだな~と思いつつもかわいくて、困ってしまいます。

1日半断乳の顛末

ただいま、シャロがまた不調…
1週間ほど微熱が続いた後高熱を出して、2日の平熱を挟んでまた高熱。
その後熱は出ていないけれど毎日疲れを訴えて寝てばかり。

病院に行ってももう少し様子を見るしかないと言われて、気持ちが晴れない日々です。

 

f:id:BTAD:20190316180739j:plain

3歳児と0歳児にはさまれる冬のお布団はぬくぬくすぎて出られません

 先日私の健康診断のため、ルイの1日半断乳をしました。お薬を入れるため病院から戻った後も24時間の断乳が必要だったのです。
哺乳瓶をまったく受け付けなくなっていたので、1か月前から何度も練習して哺乳瓶で遊ばせて、やっと母乳なら飲んでくれるようになったので、

搾乳気を購入して冷凍して備えました。

断乳当日。私が病院に行っている間はなんとかミルクを飲んだのですが、夫が分量を間違え帰ってきたら空腹状態で泣き疲れて寝ていました。

その後私がミルクをあげようとすると、「なんでおっぱいじゃないの?」と言わんばかりに泣いて嫌がりましたが、泣いてしゃくりあげたタイミングで何口か飲み込むと、大人しく飲んでくれました。

ただ、夜中は添い乳を求めて泣きました。私と目を合わせて訴えるように泣くのでかわいそうでw最後は胸に顔をうずめて、口の端に哺乳瓶をくわえてなんとか寝落ち。
次の日の朝には哺乳瓶を自分から手で引き寄せるようになりました。

その勢いで粉ミルクにも挑戦。粉ミルクはさすがに嫌がって、上げようとした後しばらくは傷ついたような責めるような何とも言えない表情でこちらを見てきたのですが、最期にはなんとか成功しました。

とうとう解禁しておっぱいを飲み終わったときに、1日ぶりの笑顔が出てきて、母子ともに一安心。

今はすっかり平和が戻って、お姉ちゃんもこの頃お気に入りだったおしりふきの袋に夢中になっています。

シャロモテキ

いきなりですが、今シャロさんは保育園でモテモテです。
先生や男の子たちのお母さんから聞いた話ですが、なかでもクラスで最年長のLくんと最年少のHくんがシャロを巡ってライバル心を燃やしているそうです。
Lくんはお姉ちゃんがいるためか大人びていて、「おしり」とか「ちんちん」などの悪い言葉をみんなに教えたりします。そんなワルっぷりにみんなは痺れる憧れるらしく、女の子にモテモテです。かくいうシャロもLくんに夢中。保育園イベントではママを置き去りにしてLくんのところに行き、ずっと2人で座っている有様です。
そんな2人の横に座りに来るHくんはハーフ顔の弟系少年。1歳近く年上のLくんにかなうはずもなく、
「ぼくシャロちゃんのこと好きだから」とライバル宣言されては「僕だって!」と地団太を踏むしかないらしく、「今日はシャロちゃんと手つなげなかった」などと悲しそうにお母さんに相談しているそうです。

そんなLくんとHくん、ずっとグイグイ引っ張る系Lくんがリードしていたのですが、ある日お迎えに行くとHくんと仲良しの様子のシャロ。
首の周りには3歳児が作れる大きなビーズのネックレス。先生が言うには、Hくんが心を込めて1つ1つビーズを選んで作ったネックレスをシャロがとても気に入ったのだとか。

3歳にして光もののよさを知っているのか子供たちよ・・・

人生に3回あるとかいうモテキ。3歳にして訪れてしまったけどシャロ今後大丈夫なのか・・・(2回目の到来を待っている母より)

f:id:BTAD:20190313144154j:plain

ルイは、自分でおもちゃを引き寄せて口に入れて遊べるようになりました。
舌の歯が頭を出していてかなりむずむずするようです。
やっと乳児湿疹がよくなってきて一安心ですが、寝返りは…1回マットレスの端から落ちた反動でできたきりまだです。

 昔はふとんのやまと親しげに話しかけるなど、目がよくなかったのですが、最近はそういうこともなくなりました。でもしゃべるのが楽しいらしく1人でも天井に向かって声を出しています。