吠える主婦の絵日記

育児マンガとどうしようもない独り言。お気軽にコメントください!

妄想MammaMiaを考えてみた

Mammamia
はい。ロングランのいいミュージカルです。いいんじゃない?うちは母親がこれ大好きです。いいよ、うん。いいんだけど。
ABBAの歌を見直してみると、スターダム・失恋・より戻し、と、まるで定番ミュージカルを構築して!と言っているかのようなラインナップではありませんか?
これでなんでギリシャの島の結婚式のお話になっちゃうかな?
わざと定番ものを避けたのはわかります。わかってます。
でも、でも、やっぱり42ndばりの、超典型的ミュージカルを見たいと思ってしまうんです。どうしても。
だってね、ABBAの歌は並び替えるだけで典型ものになっちゃうんですよ。こんな感じです:

1幕:ヒロインのソロ「I Have a Dream」か「Thank You for the Music」
   酒場 ヒロイン+客「Money Money Money」「Gimme Gimme Gimme」
   そこでヒロインの相手役が入ってきて、スターを目指すヒロインに励ましの「Dancing Queen
2幕:オーディション。ヒロイン唐突に合格。
   舞台の常識「偶然出会った(恋人候補)とは偶然再会する」と、「恋人候補はなぜか身近にいる」(舞台関係者。たぶん演出)現象が発生。
   舞台の常識、「出会って数時間で恋愛」発生。「The Name of the Game」
3幕:初舞台。例の恋人候補が見に来る約束をしてくれるんです!(演出じゃなかったのか…?)そして、「Super Trouper」ですよ!ええ!そんで唐突に両想いになります。そんで「Take a Chance on me」とか
4幕:絶頂期。ヒロイン、なぜか唐突に主役の代役に抜擢され、大人気になってしまいます。
5幕:ライバルらしき子憎たらしい小娘が登場し、彼といちゃつきだします。同時に人気にもかげりが見えます。(舞台常識「悪いことはいっせいに豪快に」発生中。)ここら辺で「Knowing Me and Knowing You」とかいれて。
休憩
6幕:時間がたっているようです。子憎たらしい小娘にトップの座を奪われたらしく、街のポスターが小娘写真に変わっています。そこで「The Winner Takes it All」「One of Us」で、恋人まで奪われてしまったらしいことがわかります。
7幕:適当に沈んでいるところに別れた恋人が現れます。彼もちょっと落ちぶれています(恋人道連れの法則の発生です。)そこで図々しくも 「Chiquichita」を歌ったりなんかします。もちろん、現実世界なら、「何が友達だ!ばーか」と思う場面ですが、そこは踊りや歌も込みでわずか数 時間に物語をまとめなくてはならない関係上、無事にスルーします。
8幕:再起のチャンスの舞台の上からまた彼の姿が見えます(逆光なのにどうやって?)そこでキレイに「Mammamia」で無事終了で、きれいな形になるわけですよ。最後は派手派手大階段ですよ、もちろん。