吠える主婦の絵日記

育児マンガとどうしようもない独り言。お気軽にコメントください!

私がマッサージに行くのが好きなたった1つの理由

私はこっている。肩が。その他いろいろが。

こういうと、絶対に「いや私の方が」と言う人が出てくると思うが、
最近あらたにした自信をもって言う、いや私の方がこっている、と。


タイ式マッサージでも、
駅前マッサージでも、
ヘアカットの合間のマッサージでも

「すっごい、すっごいこってます!!!」

と絶賛されてきたのだ。

絶賛だけではない。

「かわいそう、かわいそう」

これも頻繁に言われている。

挙句の果てにはレントゲンとった外科医が「この形はこるだろう、かわいそうに、かわいそうに」を連発したほどだ。


数々のその道のプロをうならせてきた私の肉体だが、
不思議なことに、本人は慣れているのかほとんどこりを感じたことがない。


それでも私はことあるごとに


「ああ、かわいそうに、かわいそうに!」と言われ、
マッサージに行くとサービスしてもらったり
「かわいそうすぎるから、耳つぼピアスあげるよ」ってお布施をされたり、
とにかくこりの神のごとく扱われるのだ。


そして何よりマッサージで感じられる快感、それはナンバーワンという存在になったという実感。


「すごいです、お客様すごいです!」

「すごいかな、おで、すごいかな・・・」

「それはもう、すごいですお客様!」

「おで、おとうちゃんにいつでも一番になれって言われてきたんだ。でもおでいつもおちこぼれで何にも一番になれなくて」

「いえお客様、わたくしが証言いたします、お客様こそが!ナンバーワン!です!」

みたいな。そういう雰囲気になるの。


今日もマッサージ行ったんだけど、
触るなりマッサージ師さんが

「ぶほっ」って吹き出しよってな。


「すっごい!すっごいこっています!」ってなんか興奮気味に言うからさ、


もう一般的な反応に慣れつつある私は鷹揚に笑って、「そうでしょう」と言ったのよ。

その人はちょっと興奮冷めやらぬ感じで

「ああすごい!肩も、背中も、足裏も!ぜんぶすさまじくこっています!」って

なんか、新人ちゃんに新しいものを見せてあげたみたいな、そんないい気分になっただわよ。

そしていつも続くお決まりの会話ですよ。

「つらいでしょう!?」

「これがね、つらくないんだよふっふっふ」

もう私としては何度も繰り返し尽くした会話なんだけどさ、
新人ちゃん目をキラキラさせちゃって。
かわいいんだから。


誰かお願いこらない方法を教えてください。